Google
DATE: CATEGORY:未分類
新品未使用 イトーキ レビーノチェア エクストラハイバック皮張L5アイボリー
 障害者の自立に向けて活動する京都市伏見区のNPO法人(特定非営利活動法人)「なごみ」が、ヘルパーの人手不足などでニーズに応じたサービスを受けられない悩みを解消しようと、介助ボランティアの養成に乗り出した。より生き生きとした暮らしをするために「介助者を自分たちで開拓しよう」との思いからだ。19日に区内で講演会、26、27日に養成講座を開く。
 近年、自立を目指す障害者が増えている。一方で、実際に自立した障害者には、公的なヘルパー制度では十分な時間を得られない上、介助を受ける際に利用できるメニューも限定されるため、支援の充実を求める声が多いという。さらに、ヘルパー制度を補完する介助ボランティアも少ないことから、障害者が自立しやすい環境を整えるために、独自に養成していくことにした。
 講演会は午後1時から、伏見区の改進コミュニティセンターで開く。なごみの事務所内にある自立体験室「ココロ」のスタッフが事業内容を説明し、花園大社会福祉学部の廣瀬明彦准教授が知的、身体、精神の障害別とそれぞれの障害に応じたコミュニケーションの取り方について講演する。定員は100人。無料。
 講座は両日ともの参加が原則となる。初日は午前9時、2日目は午前10時からで、いずれも半日のプログラム。なごみの担当者が車いすの取り扱いや食事、入浴、トイレ、外出などの介助のノウハウを参加者に体験してもらいながら伝える。先着順で15人...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)







関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 私女性の悩み解決!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。